Copyright(c)2014
肌のたるみを解消していつまでも若々しい肌へ
All right reserved.

たるみの原因

顔のたるみの原因について詳しくご紹介します。
顔のたるみが起きる原因はいくつか考えられます。

1 肌の弾力の低下
若い人の肌はピンと張っていて弾力性があります。これは、肌内部の真皮層におけるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成が活発だからです。
しかし、これらの生成は日頃の生活習慣や紫外線の影響、加齢などによって減少していってしまいます。そのため、肌の弾力性が失われ、肌のたるみが生じてしまっているのです。

・生活習慣による影響
日頃の食生活が乱れていると、十分な栄養素を補給できません。ビタミンやミネラル、タンパク質は、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成するために欠かせないものです。そのため、これらの栄養素が足りていないとコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生成ができにくくなり、肌の弾力性やハリが失われてしまいます。そして、その結果、肌のたるみが生じやすくなるのです。

・紫外線の影響
紫外線がお肌にとって非常に良くない存在だということは、美容に関心のある方であればご存知かと思います。
紫外線に含まれるUVAは、肌の一番奥の真皮層にまで到達し、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成する繊維芽細胞を破壊してしまいます。そのため、肌の乾燥や水分不足を引き起こす原因となり、様々な肌トラブルを生じさせているのです。

・加齢による影響
人間の肌は、20歳をピークに老化していくと言われています。肌内部でのコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生成量は、年齢とともにどんどん減少していってしまうのです。加えて、皮脂の分泌量も年齢とともに減少するため、乾燥しやすくなります。

2.姿勢の悪さ
皮膚のたるみには、姿勢の悪さが少なからず関係しています。顔の筋肉は首や背中の筋肉とつながっているため、筋肉に無理な負荷がかかった状態が続いていると、顔の筋肉にまで悪影響を与えてしまうのです。
猫背の人は特に注意が必要です。また、下を向いて作業をする機会が多い人も、たるみが出やすくなると言われています。
例えば、一日中デスクワークをしている人や、スマートフォンをうつむいた状態で長時間操作している人は、首や背中の筋肉に負荷をかけてしまうために顔の筋肉が下がりやすいとされています。
これらは、現代人にありがちなことです。意識的に姿勢を直すようにすることで、顔のたるみを生じにくくさせることができます。